こんなウォーターサーバーが人気

まずは取り付け式ウォーターサーバーのものが普及をしなかった理由については、やはりウォーターサーバーの本体購入価格と設置費用の両方のコストが余計に掛かるといった点で、これは一般大衆階層の購入者には大きな負担となりました。また、こうしたウォーターサーバーは1台当たり27万円から30万円前後する大変高額な購入・取り付け価格であったのをよい事に、それを利用してさらに大変高額な値段でこれを販売するような悪質なウォーターサーバー業者なども現れて、一時期大変大きな社会問題にもなった事もあるのです。

そのような事情があり、なるべく低コストで、水道蛇口への取り付け工事などをも伴わない、かつ小型で持ち運びが便利な型として、現在の床上タイプの前身のものが開発をされるに至りました。それでも今のようなボトル式のものでは無く、水道蛇口に取り付けながら利用をするような形でした。

ある程度持ち運びが可能になったものといえますが、それでもやはり移動面においての不自由さがあり、また重量面での課題もありました。そこで、本体そのものを更に小型化して軽量化をし、メンテナンスコスト面での負担も軽くするために、水をボトル取り付け仕様にした、床上ウォーターサーバーの現在の形が出来たのです。